旅をしようよ

旅好きのブログです。東南アジアを中心に旅しています。

青春18きっぷ(2)那須湯本温泉鹿の湯に行ってきました。

普通列車限定の1日2,370円の乗り放題きっぷ2回目

f:id:melonparfait:20180731000000p:plain

7月29日(日)、台風がなんとか過ぎ去って行ったので、栃木県那須湯本温泉の鹿の湯に行ってきました。

今回の旅程もゆっくりめのスタートです。

<旅程>

09:50 上野発 → 11:35 宇都宮着  JR宇都宮線宇都宮行き(グリーン料金780円)

11:56 宇都宮発 → 12:46 黒磯着  JR宇都宮線黒磯行き

15:33 黒磯発 → 16:30 宇都宮着 JR宇都宮線宇都宮行き

15:36 宇都宮発 → 18:13 上野着 JR宇都宮線快速ラビット(グリーン料金780円)

f:id:melonparfait:20180731004745j:plain

黒磯駅から那須湯本温泉までは東野(とうや)バスで35分、運賃は片道820円です。現在黒磯駅前ロータリーが工事中ですが、目の前に交番もあるので迷うことはないと思います。

今回は青春18きっぷを使いましたが、普段であれば新宿や王子駅から高速バスを使う方法もありかと思います。

f:id:melonparfait:20180731001900p:plain

鹿の湯は温泉好きの間ではかなり有名な日帰り入浴施設です。泉質は単純硫黄泉です。基本的にシャンプーや石鹸は禁止で、浴槽の温度は41℃、42℃、43℃、44℃、46℃、48℃となっており、46℃と48℃の浴槽には小さな湯もみ板が置いてあります。

観光のシンボルとしても有名ですが、実際には湯治施設と言ったほうがいいです。

大変良い泉質ですが混合泉です。成分総計は1Lあたり1gを切っていますので、それほど濃い温泉ではありません。私の場合46℃くらいから足の甲に痛みを感じるため、しっかり46℃、48℃は本当にありそうです。

f:id:melonparfait:20180731002150j:plain

 帰りの車内では宇都宮駅で買った駅弁120周年記念弁当をいただきました。500円でこの内容はお得感たっぷりです。宇都宮駅は日本の駅弁発祥の地なんですね。

f:id:melonparfait:20180731010104j:plain

 

<スポンサーリンク>

台湾フェスタ2018(代々木公園)

代々木公園は夜市&夏祭り

f:id:melonparfait:20180729224922p:plain

2018年7月28日(土)〜29日(日)の2日間、代々木公園にて台湾フェスタが開かれました。

28日は台風接近による行政からの指導もあり、早めに切り上げたようでしたが、その反動もあってか、29日はすごい盛り上がりになっていました。

f:id:melonparfait:20180729225848p:plain

会場ではバンド演奏のほか、ゲームコーナーや台湾ビールに台湾スイーツ、小籠包、魯肉飯、ねぎ餅、臭豆腐などの屋台で賑わっていました。特に行列が長かったのが胡椒餅でした。私も買いたかったのですが、あまりの長打の列に断念してしまいました。

場所柄、6月の上野の台湾フェスティバル以上に、たくさんの外国人観光客が楽しんでました。

f:id:melonparfait:20180729230842p:plain

今回私が買ったのは小籠包、台湾フランクフルト、鳥のジャンボ唐揚げ(ジーパイ)でした。

 どこからともなく漂ってくる八角臭豆腐の匂いが、否が応でも台湾を演出しています。 

f:id:melonparfait:20180730001610p:plain

今回のイベントには屋台をイメージで作られていましたが、夜は8時で終了ですが、できれば終了時刻をあと1時間延長してもらえれば、夜市のイメージがより味わえていいなと思いました。

 

旅行の前に口コミチェック!

TripAdvisor (トリップアドバイザー)

航空券徹底比較『スカイスキャナー』

青春18きっぷ(1)熱海と伊東温泉に日帰り旅行しました

普通列車限定の1日2,370円の乗り放題きっぷ

f:id:melonparfait:20180727001433p:plain

7月20日から夏の青春18きっぷが解禁になりましたので、22日(日)に伊藤温泉に日帰りで旅行してきました。

当日は最高気温38℃の猛暑になったため予定を変更し、ゆっくり目のスタートにしました。

<旅程>

10:39 東京発 → 12:15 熱海着  快速アクティ熱海行き(グリーン料金780円)

13:10 熱海発 → 13:34 伊東着 JR伊東線伊豆急下田行き

17:44 伊東発 → 20:05 東京着 JR伊東線宇都宮行き(グリーン料金780円)

f:id:melonparfait:20180727004259j:plain

まずは熱海駅で途中下車して、まる天さんの一番人気の「たこ棒」を立ち食い。たこがたくさん入っていてとても美味しいです。

価格は1個380円とさつま揚げ系にしては一見お高いイメージですが、実際に食べてみると納得の味とボリュームで、おすすめできます。

f:id:melonparfait:20180727005433p:plain

次に向かったのが杉養蜂園のはちみつ入りのソフトクリーム。主役のはちみつも当然美味しいですが、牛乳も新鮮でとても美味しいのだと思っています。最近は積極的に店舗展開しているのでしょうか、伊東温泉にもありました。

 

ランチは大西の1,200円ランチにしようか悩んでいる最中に完売になってしまい、看板をしまいました。12時30分くらいで終了って、いくらなんで早すぎますね。

f:id:melonparfait:20180727010617j:plain

その後、伊東温泉に移動し、佐野実さんの支那そばやの流れを汲むらしい「福々亭」で煮卵入りのラーメンを食べました。丁寧な仕事と麺固めはお断りのこだわりには共感する部分もありますが、個人的には支那そばやとの共通点は見いだせず、無難なお味という感想を持ちました。

f:id:melonparfait:20180727011226j:plain

そして今回のメインイベントはこちらの東海館です。浴場が大小2つあり、時間によって男女交代制になるのですが、両方入ることはできず、どちらか一方しか入れないようです。私は大浴場の時間まで館内見学で時間を潰して大浴場に入りました。温泉成分は1Lあたり0.5g以下と決して凶暴な類の温泉ではありませんが、ベタつきもなく、とても快適でした。

f:id:melonparfait:20180727013415j:plain

なぜか伊東駅前のビーチは午後4時の時点で、人もまばら、かなり空いています。

家族づれにはおすすめです。

f:id:melonparfait:20180727012324j:plain

最後は寿司の海女屋さんで「いか丼」を頂きました。

f:id:melonparfait:20180727012637j:plain

帰路で伊東駅に向かうと何と成田エクスプレスが停車しているではありませんか。

f:id:melonparfait:20180727013024j:plain

よく見ると車両名が「特急マリンエクスプレス」になっていました。

 

<スポンサーリンク>

 

タイでの電子タバコ・加熱式タバコの喫煙逮捕の記事

気になるニュース記事

最近、タイでの電子タバコ、加熱式タバコの所持で逮捕、多額の罰金を取られたという記事が目についており、気になって仕方ありません。

下記の記事をご覧ください。

▪️NEWS CLIP.BE 2018年7月12日

www.newsclip.be

▪️Yahoo!ニュース 2018年7月19日

news.yahoo.co.jp

▪️東洋経済ONLINE 2018年7月20日

toyokeizai.net

調べてみると、タイ国内では元々2014年にはすでに電子タバコの所持、販売、喫煙が禁止する法律が施行されていたのです。

しかし今までこの法律実際に運用されているようには聞いていなかったのですが、ここにきて急激にタイで電子タバコ、加熱式タバコで逮捕されるという記事が出てきており、気になっています。

特に気をつけなくてはいけないのは、所持しているだけで最長10年以下の懲役または最高で50万円の罰金が科せられることです。

現在のタイは軍事政権ですので、こういったニュースは国からのメッセージであることも多く、気をつけるに越したことはありません。

万が一うっかり電子タバコを持ったまま機内に入ってしまったら客室乗務員の方に相談して、一刻も早く適切な方法で入国前に廃棄することをおすすめします。

海外には知らないと痛い目にあうことがたくさんあるので、ある程度の事前知識を持っておいた方がいいことがあります。

 

 <スポンサーリンク>

世界最大の口コミ旅行サイト

スカイスキャナーの航空券比較

 

マイレージの活用術 ユナイテッド航空編(4)ゾーン制ルールを生かし、ビジネスクラスを満喫する

ゾーン制ルールを生かし、あえて経由便のビジネスクラスを使う

f:id:melonparfait:20180724003038j:plain

 

前回もお話しいたしましたが、 ユナイテッド航空(以下UA)のマイレージプラスは基本的に必要マイル数はゾーン制になっています。

そのため実際の飛行距離ではなく、出発地と目的地の関係で必要なマイル数が決まります。

ビジネスクラスはエコノミークラスと違って、圧倒的に広い空間と美味しい食事が提供されることもあって、飛行機に乗っていること自体が楽しい(ただし人による)ので、時間が許せば、あえて経由便を使ってみるのも楽しいと思います。

 

私が一昨年までよく利用したのがバリ島までの特典航空券を、成田→シンガポールバンコク→バリ島という経路で発券していました。

直近ではこの経路のチケットがなかなか出てきませんが、成田(羽田)→バンコクシンガポール→バリ島という経路は簡単に出てきます。

f:id:melonparfait:20180724011849p:plain

上記はその一例ですが、バンコクシンガポールに1泊づつするパターンです。日程によってはさらに現地滞在時間を増やせる場合があります。ビジネスクラスに3回乗って45,000マイルになります。この他にも東京→バンコク台北→バリ島というような経路も可能です。

せっかくのビジネスクラスを楽しむために、私は以下の基準で選ぶことが多いです。

▪️日本発の路線はなるべく長距離路線にする。具体的にはバンコクシンガポールなどがおすすめ。(長距離用の機材と短距離用の機材ではシートが全く違う。せっかくならフルフラットシートがいいですよ。)

機材はB787A380B777-300ER、A350-900など。

▪️基本的にはANA、タイ航空、シンガポール航空エバー航空の新型機材を狙う。

▪️ナローボディ機(通路が1列)はなるべく避け、ワイドボディ機を選ぶ。(ナローボディ機はチープ感がある。)

▪️中国経由便は使わない。(セキュリティチェック、サービスなどが劣る)

▪️早朝便はなるべく避ける。(体力面と公共交通機関が使えない不便さがある)

▪️バリ島への深夜着便はなるべく避ける。

▪️ビジネスクラスはラウンジが使える。ラウンジについても調べてみよう。

 

f:id:melonparfait:20180724015224j:plain

 

 

好みは人それぞれとは思いますが、私の経験上ビジネスクラスに乗るときは期待が膨らむだけに、当たり外れの差が大きいように思います。

理由の一つとして、昨今はファーストクラスが廃止する路線が増えています。そのため新しい機材のビジネスクラスはファーストクラスに乗っていた顧客もビジネスクラスで吸収しなくてはいけないため、以前に比べ快適性が大幅にアップグレードされています。

せっかくのビジネスクラスを満喫するためにも、楽しみながらいろいろな特徴を調べ、旅程を組んでみることをお勧めします。

 

<スポンサーリンク>

旅行の前に口コミチェック!

TripAdvisor (トリップアドバイザー)

航空券徹底比較『スカイスキャナー』

青春18きっぷ(夏)2018が解禁

11,850円で5日間JRの普通列車に盛り放題

f:id:melonparfait:20180722010913p:plain

青春18きっぷが7月20日(金)解禁されました。これから9月10日までの間、任意の5日間を選び普通列車が乗り放題になるという企画きっぷです。

仲の悪いJR(特に東海?)が足並みを揃える数少ない企画の一つです。

気合を入れれば東京〜下関、東京〜松山なんていうのも可能らしいですが、私は今回近場の温泉に日帰りで行ってきたいと思っています。

普通列車指定ではあるものの、グリーン車自由席はグリーン券の追加料金を払うことで乗ることができます。乗り方によっては栃木県の黒磯から静岡県の伊東温泉までグリーン料金780円の旅なんてのもありかもしれません。

ちなみに青春18きっぷは年齢制限はなく、全ての人が購入できるきっぷですが、年配の人には少々買いにくい名称ではあります。特に「青春」という言葉が(汗)。

参考までに首都圏近辺の温泉ですが、東京を起点に考えると日帰りで無理なく行ける以下のような温泉地が浮かびました。日帰りは一日で往復しますので、青春18きっぷのメリットが生かせますね。

▪️静岡県

伊東温泉、熱海温泉、修善寺温泉など

▪️群馬県

草津温泉四万温泉水上温泉伊香保温泉など

▪️栃木県

那須温泉那須塩原温泉、鬼怒川温泉板室温泉など

▪️神奈川県

湯河原温泉など

 

また1泊することを考えると選択肢が飛躍的に広がります。個人的には久しぶりに鳴子温泉に行ってみたいと思っています。

このきっぷは1人でも複数人数でも使用可能ですが、複数人数の場合はその日は全員が同一の旅程を組まなくてはいけないことに注意してくださいね。

 

<スポンサーリンク>

極上の癒しを手に入れる
JTB【くつろぎの温泉宿】

夜景が楽しめるホテルプラン  

 

 

卒業旅行  

 

マイレージの活用術 ユナイテッド航空編(3)ゾーン制ルールを生かし、少ないマイルで遠くに行く

ゾーン制ルールを生かし、最小片道15,000マイルで珍しい場所や遠くに行く

f:id:melonparfait:20180716131920j:plain

 

以前もお話しいたしましたが、 ユナイテッド航空(以下UA)のマイレージプラスは基本的に必要マイル数はゾーン制になっています。

そのため飛行機に乗ることが好きな人にはお得な航空券を発券できます。

特に有名なのがミクロネシアオセアニアへの航空券です。

2014年までは南太平洋のクック諸島タヒチニューカレドニアの往復でエコノミー25,000マイル、ビジネス往復で40,000マイルで行けたのですが、日本人だけが異常なくらいクック諸島への特典航空券(特にビジネスクラス)を発券するので、UAはマイル数の大幅アップと、座席数の大幅削減を実施してしまいました。現在ではクック諸島へのビジネスクラスの発券は至難の技です。

f:id:melonparfait:20180722000534p:plain

以前はビジネスクラスも簡単に発券できた(とは言っても10ヶ月前くらい前からの予約が必要でしたが)のです。また成田発券ができない時でも成田以外の空港発に変更すると、空席が出てきたりしたものです。しかし、上の写真のとおり、最近は発券そのものがとても難しくなってきました。でも、成田〜シドニークック諸島で15,000マイルは発券できればとても美味しいことには変わりありません。

最近、南太平洋で比較的発券しやすいのはフィジーやトンガ、時期によってはニューカレドニアも出てきます。

f:id:melonparfait:20180722002122p:plain

上記のスクリーショットは羽田〜フィジーです。片道37,500マイルとなりますが、羽田〜シドニーオークランド〜フィジーの2区間ビジネスクラスになっています。

(しつこいですが、少し前まではビジネスクラスでも片道20,000マイルで発券できたんですけどねえ)

ただしこれらの特典航空券は同時に何人もの人が狙っていることは間違いないので、本当に行くのであれば、往復とも取れるようであれば、躊躇せずに特典航空券を一気に発券してしまうことをお勧めします。

またマメに検索するのも重要です。このオセアニア系のお得チケットは、突然現れたりするのです。多分、ニュージランド航空の都合によるものだと思うのですが、前触れなく突然出てきますので、心の準備だけはしておきましょう(笑)。  

f:id:melonparfait:20180722004022j:plain

他にミクロネシア系ではパラオポンペイ(ポナペ)なども取りやすいです。一方マジュロマーシャル諸島共和国)も私の経験では最近は特に取りにくくなっています。

 

改めて細かく見てみると、UAは諸費用がとても安いですね。デルタ航空なんかですと、成田〜韓国仁川までの特典航空券の諸費用が軽く10,000円を超えますので。

 

<スポンサーリンク>

旅行の前に口コミチェック!

TripAdvisor (トリップアドバイザー)

航空券徹底比較『スカイスキャナー』

マイレージの活用術 ユナイテッド航空編(2)少ないマイルでお得な国内旅行

最小5,000マイルで旅行 する。

f:id:melonparfait:20180715093118p:plain

 ユナイテッド航空(以下UA)のマイレージプラスで発券されるのは国際航空券です。そのためANAのように細かいルールを作れないこともあって、ANAでは発券できるのに、UAのWebからでは発券できない区間(例えば羽田〜帯広など)があったり、逆にANAでは発券できない区間(例えば羽田〜静岡)が簡単に発券できます。

目的地には直行便しか使いたくない人にはあまりおすすめませんが、「やっとのことで5,000マイル溜まったのだから、なんとかこれで旅行できないか」と思っている人や、「せっかくの特典旅行だから数多くの飛行機に乗りたい」「5,000マイルしかないけど、どうしても沖縄の空気を吸いに行きたい」という人への裏技のご紹介をします。

f:id:melonparfait:20180715011034p:plain

<羽田発静岡行き航空券の一例>

▪️夏だから北海道の札幌と函館に行きたい(首都圏発)

上記のキャプチャー写真が実際のチケットなのですが、首都圏の場合、静岡空港を使うことで達成できます。静岡空港は札幌(新千歳)と那覇しかANA便がありませんので、静岡行きのチケットは札幌か那覇を経由することになります。

(実際には静岡〜東京の片道は自腹になりますが、高速バスで3000円くらいなのでご容赦ください。)

今回は静岡〜札幌〜函館〜羽田のルートになります。

静岡 16:20発 新千歳 18:00着(札幌泊)

札幌 10:50発 函館  11:25着

函館 19:35発 羽田  21:00着

これで必要マイル5,000マイル、諸費用0円となります。

もちろん、反対方向のルート羽田〜札幌〜静岡などもできます。

f:id:melonparfait:20180715081543p:plain

 

 

▪️夏だからやっぱり沖縄に行きたい(首都圏発)

羽田〜沖縄路線は片道8,000マイル必要です。が、多少のスケジュールの窮屈さを我慢すれば、同様に5,000マイルで那覇に行くことができます。

なぜかこんなことになるかというと、UAとしてはあくまでも羽田〜静岡に行くための乗り継ぎルートということで、ここで「ゾーン制」の考えかたが、ユーザーメリットとして生きてきます。(海外発券でも同様なことが起こります)

f:id:melonparfait:20180715082856p:plain

例えば上記のチケットではこのようなスケジュールになります。

羽田 13:30発 福岡 15:25着

福岡 18:00発 那覇 19:40着(那覇泊)

那覇 13:30発 静岡 15:30着

福岡市内で博多ラーメンを食べ、那覇で夜はライブを聞き、翌日午前中に国際通りを歩くくらいの時間的余裕があると思います。

上記は9月8日(土)のスケジュールですが、これが閑散期になると時々驚くような経路が出てきます。昨年2017年12月には羽田〜宮古島那覇〜静岡などもありましたよ。

私は松山(道後温泉)に行く時も、羽田〜松山〜那覇〜静岡というルートをよく使います。

 

▪️関西、中部でも同様な方法が可能

関西や中部発でもこの方法は応用できますので、ぜひ検索してみてください。

名古屋 → 静岡、大阪など

大阪  → 名古屋、岡山など(ただし、伊丹、関空、神戸は同一空港扱いのため、不可)

 

ちなみにデルタ航空スカイマイルは他社の航空券を送ると、1区間あたり500マイルをもらえる「ニッポン500マイルキャンペーン」で1,500マイルを貯めることができます。

こちらは特典航空券でもOKです。「その他の期間限定キャンペーン〜」を参照してくださいね。

ja.delta.com

 

<スポンサーリンク>

旅行の前に口コミチェック!

TripAdvisor (トリップアドバイザー)

航空券徹底比較『スカイスキャナー』

マイレージの活用術 ユナイテッド航空編(1)主な特徴

ユナイテッド航空マイレージの主な特徴

f:id:melonparfait:20180714082556p:plain

ユナイテッド航空マイレージプログラムは「マイレージプラス」と言います。最近顧客対応の問題で何かと話題のユナイテッド航空ですが、マイレージにおいてはとてもきめ細やかな対応をしています。また、あえて抜け道を持たせることによって、ゲーム性を持たせています。大雑把ですがこのプログラムの特徴は次のようなものです。

 

マイレージプラスが優れている点>

▪️有効期限は18ヶ月間。ただし期間中に1ポイントでも加算、減算があれば、有効期限は18ヶ月間自動延長される。マイレージプラスのクレジットカードを作れば事実上有効期限は無期限になる。

▪️世界最大の航空連合「スターアライアンス」に加盟しているので、いろいろな特典航空券が発券できる。また、国内航空券においてもANAの航空券が取りやすい。

▪️1マイルあたりの価値が低いと言われる米系航空会社において、比較的マイルの価値が高い。

▪️特典航空券には基本的に燃油サーチャージはかからない。空港使用料や出国税などのみなので、諸費用がとても安い。

▪️特典航空券の必要マイル数はゾーン制(東アジア〜オセアニアなど)で決まるので、エリアによっては驚くような少ないマイルで発券できたり、迂回経路をとっても最短経路でのカウントとなるため、お得な特典航空券を作れることもある。(ルール変更により、現在は航空会社が指定したプランのみとなっている)。

▪️米系航空会社の中ではマイラーマイレージプログラムのヘビーユーザー)に配慮している。例えば同じ米系のデルタ航空スカイマイルが、突然のルール変更(特に改悪)を、猶予期間なく即日適用するのに対し、マイレージプラスの場合、通常は数ヶ月の告知期間をおき、その間の特典航空券が取りやすいように、特典座席数を増やすなどの配慮をすることが多い。

▪️バイマイル(マイルの購入)が可能。特典航空券を撮る際にマイル数が足りない場合などに重宝する。

▪️特典航空券の搭乗者は親族でなくとも構わない。そのため友人などとの旅行が可能。

▪️たくさんの乗り継ぎをするメニューも出てくるので、飛行機に乗るのが目的の人にはかなりおいしい。

 

マイレージプラスの弱点>

▪️他の航空会社の便を利用する場合、事前に決められるのは窓側、通路側の選択のみ。

(比較的前側の良い席が割り当てられることが多いのでそれほど心配しなくて良い)

▪️海外の航空会社なので、航空券以外のアライアンスメニューは少ない。

▪️最近の特典航空券はなぜか中国系航空会社が多く表示される。

▪️キャンペーンなどの通知が英語で案内される。

 

次回から、具体的にユナイテッド航空マイレージプラスでの面白いチケットの取り方をご紹介したいと思います。

 

<スポンサーリンク>

旅行の前に口コミチェック!

TripAdvisor (トリップアドバイザー)

航空券徹底比較『スカイスキャナー』

台北の美味しいもの(5)包子

街の包子(パオズ)屋さん

f:id:melonparfait:20180711204017p:plain

高級料理も美味しいけれど、台湾に行ったらB級グルメも楽しいです。私は包子が大好きで、台北に行ったら包子を食べに出かけます。中でも気に入っているのは忠孝復興駅のそごうデパートに隣接する「姜包子店」と「姜太太包子店」です。

「姜包子店」と「姜太太包子店」は間違えやすく、ガイドブックに載っているのは「姜太太包子店」、「姜太太包子店」に行ったつもりが間違えて入ってしまうのが「姜包子店」です(笑)。

私も当初、姜太太包子店のつもりで通っていたのですが、実は姜包子店に足繁く通っていたのです。

ところが両店は同じように見えて、実はかなり違います。

f:id:melonparfait:20180711204100p:plain

姜太太包子店はホクホク系で水分が少なめな皮なのでアツアツが一番美味しいですが、姜包子店の包子の皮はややしっとりめ。

どちらのお店の包子も美味しいのですが、私は姜包子店の方が好みかな。

肉まんは皮に包まれた肉汁たっぷりの具がとてもおいしいです。

できればウエットティッシュを持って行った方がいいと思います。

f:id:melonparfait:20180711204142p:plain

この似たような名前の両店、気になって調べていくとやはりご兄弟だそうです。以前は一緒に仕事をしていたそうですが、経営方針の違いが表面化して別々に商売をするようになったそうです。

ただ、少なくとも観光客の目線からは両店の間で確執があるようには見えないし、どちらのお店も愛想も悪くないので、好きなお店に通ってはいかがでしょうか。

 

尚、饅頭(マンドゥ)は日本のおまんじゅうと違ってあんこが入っていません。食パンのようなものなので、おやつという感じではありません。

私が好きなのは肉まんと高菜まんです。

台湾人の方達と一緒になってベンチで包子を頬張るのも楽しいですよ。

 

どちらのお店もそごうの復興店からすぐの場所にあります。

f:id:melonparfait:20180712002538p:plain

 

 

世界最大の口コミ旅行サイト