旅をしようよ

旅好きのブログです。東南アジアを中心に旅しています。

バリ島行き航空券

バリ島行き航空券

f:id:melonparfait:20180504003817j:plain

バリ島に行くには空路以外の選択肢がほとんどありません。日本人に人気の観光地でありながらJALANAも撤退しており、どの航空会社を利用しようかと迷っている人も多いと思います。バリ島の空港は正式にはングラ・ライ国際空港と言いますが、通常はデンパサール空港(DPS)と言われることが多いです。ツアー旅行では航空券やスケジュールで悩むことはないと思いますが、個人旅行の場合は航空券選びからスタートします。現在日本からバリ島(デンパサール空港=DPS)行きのチケットを扱っている航空会社は次のとおりです。

<直行便>

ガルーダインドネシア航空(GA/インドネシア)※経由便もあり

インドネシア エアアジアX(XT/インドネシア

<経由便>

全日本空輸 ANA(NH/日本)※主にジャカルタ経由の他社便

日本航空 JAL(JL/日本)※主にクアラルンプール経由など他社便

シンガポール航空(SQ/シンガポール)※主にシンガポール経由自社便

チャイナエアライン 中華航空(CI/台湾)※主に台北経由自社便

エバー航空 (BR/台湾)※主に台北経由自社便

マレーシア航空(MH/マレーシア)※クアラルンプール経由自社便

キャセイパシフィック航空(CX/香港)※香港経由自社便

タイ国際航空(TG/タイ)※バンコク経由自社便

 

直行便はレガシーキャリア(フルサービスの航空会社)はガルーダインドネシア航空、LCCではエアアジアの2社が就航しています。経由便については上記のほか、香港航空、大韓航空、フィリピン航空などたくさんのチケットがあります。意外にも現在はJALANAなど日系航空会社の直行便は就航しておらず、全て提携航空会社を利用した経由便となります。

f:id:melonparfait:20180503154139j:plain

 

利便性を優先するならガルーダインドネシア航空の直行便がおすすめです。現在成田空港と関西空港から直行便が出ています。また、機材やサービスの質も素晴らしく、英国の航空業界の評価会社SKY TRAXで最高ランクの5スターキャリアに認定されています。LCCエアアジアXはチケット料金自体は安いものの、座席指定料金や預け入れ荷物料金、食事代などを足して行くとレガシーキャリアの経由便より高くなったりしますので、よく比較したほうがいいと思います。

経由便はスケジュールによっては経由地で1泊して食事や観光を楽しむことができます。もしスケジュールに余裕があるのなら、あえて乗り継ぎ時間が長い経由便を選択し、経由地滞在を楽しむという選択もありかもしれません。私は台北バンコクなどでこの方法を使って楽しんでいます。

 

さて、肝心の航空券ですが、どこで購入するのが正解なのでしょうか?最近は航空会社が自社のサイトで直販する傾向が強まっています。が、必ずしも航空会社から直接購入するより旅行代理店から購入するほうが安くなることも多いのです。これは各航空会社の方針によるものですが、自社直接購入客を優遇すると公言しているシンガポール航空などは直接購入したほうがいい場合が多いと思いますが、一方で台湾のチャイナエアラインエバー航空などは旅行代理店から購入したほうが圧倒的に安い場合が多いように思います。もちろん自社直接購入客に対しては座席指定の優先度など細かい違いを設けていることが多いのですが、その程度の優遇ではカバーできないほど価格差が大きいことがよくあります。こういった判断も旅行の楽しみの一つなのではないでしょうか。ちなみに私自身はバリ島行きのチケットは旅行代理店から購入することが多くなっています。

 

TripAdvisorは旅行全般の口コミが豊富。口コミサイトから発展した歴史から、レストラン、観光スポット情報などもあり、出発前に一度は見ておくことをおすすめします。

世界最大の口コミ旅行サイト

 

スカイスキャナーの航空券検索のしやすさは抜群。検索のレスポンスが良いので私も航空券の相場のベンチマークにも使っています。

スカイスキャナーの航空券比較