旅をしようよ

旅好きのブログです。東南アジアを中心に旅しています。

電子タバコ・加熱式タバコの持ち込みに注意

最近は禁煙化の流れが止まらない一方で、電子タバコや加熱式タバコが増えてきましたね。日本ではそれほど大きな問題になっていませんが、この電子タバコは海外旅行、中でも東南アジア方面に行く際は気をつけておいた方が良さそうです。

電子タバコは馴染みの深い近隣諸国でもかなり厳しい規制がかかっているようです。台湾、シンガポール、タイは持ち込むこと自体が認められていません。また、中国も気をつけた方がいいという情報が多く見られます。

加熱式タバコ(iQOSなど)は世界的に認知されていないため、国や検査官によって対応が異なるという話も聞きますが、基本的には電子タバコと同様と考えた方が良さそうです。

特にタイは場合によっては懲役刑となる可能性もあるため、甘く見ない方が良さそうです。タイの場合、南国の親日国だからという安心感で、とかく気が緩みやすいですが、現在一時的に軍事政権下にあるのも事実なので、上層部からの通達一つで本当に刑務所行きというリスクもあります。

シンガポールですが、この国の罰金の高さは有名なので特段驚くほどのことはありませんが、所持自体が違法で、見つかると40万円くらいの罰金となるようです。

少々厄介なのがマレーシア。当初は電子タバコ天国と言われていたようですが、イスラム教における禁忌品ということで、一部の州で禁止されたようです。こういった宗教上の理由に禁止が正当化されると、いずれ隣国インドネシアにも波及する可能性がありますね。この電子タバコの法規制は曖昧な部分も多く、動向には十分注意しておくことをおすすめします。

 

スカイスキャナーで航空券比較検索