旅をしようよ

旅好きのブログです。東南アジアを中心に旅しています。

台湾旅行でできれば避けたい日について

旅行代金が極端に高くなる日は避けるが吉

台湾、韓国、グアムなどの安近短地域における航空券代やパッケージツアー料金の最大の特徴は、祝日や連休によって大きな影響があることです。3連休の時は普段の2倍なんてこともよくあります。

そこで私は以前から日本の祝日カレンダーと台湾の祝日カレンダーを合体させれば、割高な日程があらかじめわかるのではないかと常々考えていました。

そこで実際に作成しようと台湾の祝日を調べたところ、何と日台の祝日を合体させたカレンダーがたくさんあることがわかりました。

ガーン!せっかくのグッドアイデアだと思ったことは他の人がすでにやってくれていたのでした。

とうことで、日台祝日カレンダーのご紹介をいたします。

プロネクサス台湾さん>

日台祝祭日対応 年間カレンダー

 

このカレンダーを見ると日本と台湾の祝日は年間を通してあまり被っていないことがわかります。

ただし、このカレンダーを見るとわかるのは、日本人があまり意識していない時期に台湾では大きな連休があって、航空券がとんでもない料金になっている時期があるんですね。2018年で言えば2月10日(土)〜20日(火)です。日本の3連休の後、2日間置いて台湾のお正月の大型連休が始まるんですね。

この時期は、台湾人の方が日本と台湾を行き来することに加え、台湾の店舗なども臨時休業することも多いため、基本的に外した方がいいと言われています。

ベストシーズンと言われているのは3月〜5月、10月〜11月などと言われることも多いですが、6月になると本格的な愛文マンゴーの季節が始まります。マンゴーかき氷目当てなら6月〜8月くらいでしょうか。

尚、2018年11月3日~2019年4月24日は台中花博が開催されますので、普段と少し異なった価格変動があるかもしれませんね。

2018台中フローラ世界博覧会

旅行時期の参考になればうれしいです。

 

 

 

スカイスキャナーの航空券比較